2008年11月02日

2008年秋季開始アニメ簡易感想(2)

秋始まりのアニメ感想簡易版第2弾。

今回は「とらドラ」「かんなぎ」「あかね色に染まる空」「黒塚」「ヒャッコ」「まかでみ」です。
  


    

〈とらドラ〉
 こわもてのため、ヤンキーに間違えられやすい少年・竜児に、「手乗りタイガー」こと、小柄だが気の強い少女・大河が、宛先人を誤ってラブレターを出してしまったのがきっかけで、互いの恋を成就させるために協力し合うことになる…というのが発端。
 相手を振り回すキャラにかけては天下一品の、釘宮ヴォイスが炸裂。
 だが普段は気が強くても、好きな相手の前ではしどろもどろになってしまうシャイなところがなんとも初々しい。
 家庭的に恵まれない?大河が、家事一切を切り盛りしてる竜児とその家庭を「居心地がいい」と言い、そんな大河を見放せない感がある竜児とのあいだに、ついフラグを感じてしまうのは自分だけだろうか。
 ありがちな設定ではあるけれど、なんとなく目が離せない気がするので、おそらく視聴は継続かと。

〈かんなぎ〉
 切り出された御神木の一部を使って作られた像の中から、ひとりの少女が現れた。
 彼女は自らを、大地の穢れを払う神(御神木の霊?)と名乗り、像を作った少年の家で暮らし始める…
 最初OPを見た時に、芸能界(アイドル)ものと思い込んでいたので、その後この世間知らずの神様の化身?が、俗世間にまみれた芸能界入りするのかも…と考えると、どうにもそのギャップに耐えられずギブアップしますた…
 もし芸能界入りとは無縁の展開だったらかなりおマヌケなのだけど、まあそれはそれで仕方がないと割り切っている。

〈あかね色に染まる空〉
 父親に勝手に結婚相手を決められた財閥のお嬢さんが、相手の人となりを見極めるために、相手の少年の家に住み込むことになる話。
 これも同居もので、少年の妹が血が繋がってないらしい伏線などもあるが、特に新鮮味は感じられない。裏番組も多いので見切り。

〈黒塚〉
 ほとんど画面が暗いことの方が多いので、お子様はそっぽを向きそう。
 また銃や剣による流血シーンや、エロティックな場面も少なくないので、深夜アニメの時間帯にすべき作品のように思うが、22時台や昼間にも放送しているのがやや疑問。
 時間軸が前後したり、白昼夢を見ている感覚で話が進んでいったりで、イマイチ物語にのめり込めないような感じがしたりする。
 見切ってもいいのだが、リアルタイムで観られる時間帯のため、なんとなく観続けている…気がする。

〈ヒャッコ〉
 第1話はだらだら感があったが、2話からは持ち直したようでいい感じになってきた。
 ただこれだけ深夜アニメが多い状況では、自分的には録画してまで…という感じかな。
 ところで、「ヒャッコ」のタイトルの語源は何なのだろうか…

〈まかでみ・WAっしょい〉
 OP冒頭で、Tバックのお尻がアップ(で、フリフリしているの)を見た時には、このまま黙って録画を消してしまおうかと半ば本気で思ったが、なんとか踏みとどまった。
 ウケ狙いのキャラデザの割には結構気に入った方だと思うが、いかんせん、この曜日・時間帯はやたらアニメが重なるので、考えた末見切り。もし裏番組がなかったら、違う結果になっていたかも。
posted by セレネ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。