2007年04月17日

2007年4月期(春)開始アニメ感想 (3)

 4月期のアニメ感想第三弾です。
 一部、かなり毒舌が入っています。まあいつものことかもしれませんが(苦笑)。

 今回は「エイジ」「ひとひら」「ハヤテ」「まおちゃん」「シャイニング・ティアーズ〜」です。




〈ヒロイック・エイジ〉
 一見SFなのだけど、「青銅の種族」だの「黄金の種族の呼びかけに応える」だのといわれると、昔からの伝承や昔話で片付けられそうだが、実際そう呼ばれる種族が実在するあたり、SFと言うにはちょっと微妙な気もする。
 だが、「イデオン」も伝説を頼りにイデ探査を始めたし、SF的にはよくある話なのかも?(SFは疎いので違ってたら申し訳ない)。
 どうやら「蒼穹のファフナー」のスタッフが参加しているようなので、似たような路線になるのかもしれない。
 しばらくは様子見したいところ。

〈ひとひら〉
 激しく上がり症で緊張すると声が出ない(出せない)少女が、成り行き上演劇部に入って…というお話。
 ゆったりとした雰囲気や、主人公・麦のまわりの人物たちのキャラの立て方も悪くなく、好感が持てる。
 自分的にはなかなか好感触。録画出来なければ、レンタルで観ようかと思っている。

〈ハヤテのごとく!〉
 人魚の極道親父が可愛く思えてしまうほどの、非道な両親の鬼畜っぷり。
 人魚父は、言動は滅茶苦茶でも、愛あってもの行動だが、ハヤテの両親には愛情の欠片も感じられない。よくハヤテは、今までグレもせず生きてこれたものだ(サンタさんのお陰か?)。
 またお約束である天使と悪魔の囁きあいで、誘拐を奨励するのが天使側で止めようとするのが悪魔側という変則技(?)が繰り出される。
 サキを誘拐しようとした際のハヤテの言い回しの微妙さは、確かに誤解を生むには十分。
 ここで誤解されるに十分な説得力あるセリフが無ければ(言えなければ)全てがおじゃん(死語?)なので、見事と言っておこう(笑)。
 そしてサキ役は最近ツンデレ役の多い釘宮さんだが、シャナにもルイスにも聞こえてしまう(苦笑)。
 ある意味、ラブコメとしてはセオリー通りかもしれないが、ここは素直に面白かったと言っておこう。
 次回以降も、この楽しさ・面白さをキープしてもらいたい。

〈まおちゃん(※:これには毒舌が含まれます。ご注意下さい)
 よーちえんじ(敢えてこの表記)向きに“真剣に”作っている ― と云うか、本気でそれより上をターゲットにしてないですよね?(思わず文体変化)。
 結果的にお子ちゃま向きになったと言うより、「ターゲットを絞り込んでのあの結果」になったとしか(自分的には)思えない……
 自分自身が二桁の年齢になるかならないかという時期に、幼心に衝撃を受けた作品があるので、いくら年齢設定が8歳とはいえ、まおたちが、あそこまで「うましか」「単純」ではないと思うのだが、原作者もこれをアニメ化したスタッフも、かーなーり、お子様を見くびっているのでは…? と、ついつい穿った見方をしてしまう。
 大体「可愛いものが大好き」な女の子に、「可愛いエイリアンを倒せ」ということを要求する等、設定の多くに無理あり過ぎ。
 色々と頭が痛くなったので、もちろん視聴打ち切り。

〈シャイニング・ティアーズ・クロス・ウインド〉
 主役の顔が、「ハック・ルーツ(??)」のハセヲにしか見えないんですが…(苦笑)。
 ゲームが原作ということで、実にそれっぽいつくり(…のような気がする)。
 主人公の声と異世界の「ゼロ」と呼ばれる有翼人の声が一緒だったけど、あれは何かの伏線なのだろうか。
 ある意味ゲームのプロモーションでもあるせいか、作画も力が入ってる気がする。
 つまらなくはないのだが、多分見切りになると思う。



posted by セレネ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39048031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。