2007年10月13日

今期最終回アニメ、ミニ雑感

 たまりに溜まってしまったアニメの数々ですが、はじまった作品をまず観るべきか、最終回を迎える作品を優先すべきか…ということに、まず悩んでしまっていましたが、結局古い順から観ようと決心いたしました。

 なので、今期の新番組はひとつも観られておりません(… ;)。
 そしてこの最終回雑感の続きも、あるかどうか分かりません… ;

 そんなわけでして、とりあえず書けただけですが、いってみようと思います(ちなみに観終わった順ではありません)。

 (中身は、トージンワーク、ヒロイックエイジ、CODE−E、大江戸ロケットです)。


〈トージンワーク〉(全話視聴)
 「金儲けのために同人する」と言っておきながら、「印刷代が馬鹿にならない」と他所でバイトを始めるあたり、「本末転倒では?」と突っ込みたくなりましたが、それはまあ置いておくとして。
 アニメより実写部分の方が遙かに面白かったです(笑)。
 個人的には「トーンって、こんな風に切ったり削ったりするんだ…」と、とある回を、大変興味深く観させて頂きました。
 しかし(多分あちこちで言われているのではと思いますが)、生命線が縮み上がるほど酷い内容の漫画を描く人を、必至に商業漫画誌に引っ張り込もうとするのは説得力が無いかと…
 最初はどうなるかと思った同人誌も無事出せたようですし、これでDVDも売れれば万々歳というところでしょうか。

〈ヒロイックエイジ〉(中盤二話分欠、他は視聴)
 ファフナーと同じスタッフが制作?ということで、最初は余り期待していなかったのですが、なかなか面白かったと思います。
 「金・銀・英雄・青銅・鉄」といった種族名で呼び合い、カタカナの名を用いなかったというところも、何気に目新しいように感じました。
 正直、ロム・ローやパエト・オーがどういう存在なのかがよく分らないまま観続けてしまいましたが、まあいいかな、と(笑)。
 キャラとしては、人間的でマスコット的存在の「ビー」が可愛くてお気に入りでした。 
 なので、最終話近くになって壊れてしまった姿(死んだ姿に見えました…)を見た時には、「ああもうホントに最終回が近いんだな…」ということを感じさせられて淋しくなりました(結局再生?したので嬉しかったのですが、あの時の涙を返せ的気分にも… 人間って複雑です…)。
 逆に鬱陶しかったのは、ディアネイラの兄たちです。
 銀の種族たちに退場させられたと思っていたのですが、最終回で出てきたのには、ちょっとびっくりと同時にうんざりでした
 あと、悩んだり迷ったりするものの、ディアネイラが「出来過ぎ」というか、道を示すのが彼女一人の肩に掛かるため、「おんぶに抱っこ」状態になったのは否めないかと思います。
 そうして長い戦いと道のりの果て、銀の種族と鉄の種族は、いがみ合うのではなく、更なる広い宇宙へ飛び出そう ― という結論に達したのは、(ある意味パターンではありますが)実にハッピーエンドではないかと感じました。
 そう、第一話からナレーションされていたように、これは昔から今、そして未来へと語り継がれる「宇宙叙事詩」なのでしょうね。
 自分はSFには疎いですし、色々と難も無いわけではなかったと思いますが、大作ではないものの、良いSF作品を楽しませてもらったと思っています。

〈CODE−E〉(11話欠)
 最終回前の11話を見損ねてしまったのでよく分らない部分が出てしまいましたが、「組織に狙われる千波美」と「恋に悩む千波美」のうち、後者にだけ結論が出て、前者はおざなり感が…
 つまりはパート2があるということなのでしょうか。それともこのまま幕引きなのでしょうか。むーん…
 千波美と園美、光太郎たちとのほのぼのした関係は好きなのですが、どうも中途半端感が抜けない終わり方になってしまった気がします…
 (ただ全くのオリジナルアニメは最近殆ど無いので、その点は評価したいと思います)。


〈大江戸ロケット〉(全話視聴)
 なかなか斬新にはじまった作品なのですが、舞台(戯曲?)を2クールのアニメにしたため、どうしても中だるみが生じてしまった感もあるかと。
 「オレの花火は遊びじゃねえ」が信条だった清吉が、最後には「遊びでいいんだ」とふっきるあたり、彼の成長物語と見ることも出来るのですが、そう思い切るきっかけがはっきりしない(…ように個人的には感じられる)ため、取ってつけた感が…
 ラスト近く、長屋の皆も月基地に着いてましたが、これは…覚悟の出奔というより、物見遊山な雰囲気が…
 ちょっと自分的には感動が薄まった気がします(そこが気に入ってる方、すみません)。

posted by セレネ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。