2007年10月17日

2007年 秋開始アニメ  1話感想

 最終回を迎えたアニメ優先と言っているうちに、新番組で既に3週目に入ったものもあり、そうも言っていられなくなってしまいました。
 なので、駆け足ですが、観られた限りのアニメの第1話の雑感いきます。

 今回は「ダ・カーポ U」「スケッチブック」「素敵探偵ラビリンス」「ナイトウィザード」「レンタルマギカ」です。




〈スケッチブック〉
 絵を描くことが好きで、いつもスケッチブックを持ち歩いている少女の、何気ない日常と学園生活を描いた物語。
 ある意味、ひだまりスケッチと同傾向の作品。
 特に事件や出来事があるでもないだけに、平坦になりやすいというか、ほのぼのしているというか、自分的には観ているうちに眠ってしまいそうな(悪い意味ではない)作品なので、申し訳ないが切ることになると思う。

〈ダ・カーポ U〉
 確か舞台は前作の53年後の初音島ということで、前作キャラの子供や孫が出てくるのか、全くの別ものになるのかと思っていたが、どうやら前者の模様。
 しかし、最初主人公は、姉と妹、もしくは従姉妹と暮らしているかと思いきや、他人と寝食を共にしているあたり、さすが原作がエロゲ(偏見?)。
 始まりは淡い恋物語のようだが、ドロドロの展開は、出来れば勘弁して欲しいかな、と(多分大丈夫だと思うけど(笑))。
 それにしても、芳乃さくらはどう見ても年相応(53年後の姿)には見えない(笑)(魔法で年齢(とし)を取らないという設定…にしても、ちょっとおいおいかも)。

〈素敵探偵ラビリンス〉
 30年前、東京が大地震で崩壊し、全ての都市機能は他の街へ移り、大多数の人は新都へ移住し、そこは捨てられた街となった ―
 …って、見捨てられた街にしては、ライフラインも十分機能してるように見えるんですけど…(一応携帯電話も所持してたし…)。
 うーん、あの程度の崩壊なら、移転(遷都も?)するほどには見えないし、無法地帯にも感じられないのだが、ここは余り突っ込んではいけないのかな…?(笑)。
 迷宮入りしかけた事件を解決に導いた密告者と、それを探るため屋敷にやってきた警察、その屋敷に探検にやってきた小学生(! 中学生じゃないの?)、深き因縁のありそうな刺客?と、四者四様。
 あとなんとなく、「魔探偵ロキ」っぽい雰囲気があるような…(そういえば、「まゆき」と「まゆら」は似ているな…(爆))。
 よくある設定とキャラ配置ではあるが、1話は個人的には気に入ったので、視聴は継続。

〈ナイトウィザード〉
 闇と光との攻防という、王道スタイルな作品。
 いかにもお嬢様(女王様)なキャラのセリフ、「これからする私のお願いに「はい」か「いいえ」で答えて下さい」とは、なんと無慈悲な…(笑)。
 優秀故に主人公に頼っているらしいが、いかに若いといっても休息も与えなければ、いずれツケが回ってきますよ、お嬢様…と、ついつい思ってしまったり(学校へ行きたい(卒業したい)のに行けないと、ストレスも溜まりますたい)。
 敵の面々は、「ゲーム」として楽しんでいるようなので、「悪」っぽくてよろしいかと。
 そして転校生がその戦いに関わりがある(新メンバー?)というのもお約束。
 剣の柊、弓矢の赤羽、銃の?、そして楯?のエリスと、面子も揃いました(揃いつつある)、という感じ。
 彼女が物心ついた時から持っていたという、ブレスレッドとの由来も気になるところ。
 自分的には感触がよかったので視聴は継続。

〈レンタルマギカ〉
 古今東西の様々な魔法を駆使して事件を解決したり、魔法を使う社員を派遣したりする会社の、社長と社員、ライバルたちとの物語。
 魔法使い?を「派遣」という形にしたり、キャラによって使う魔法の類いを特化させたりというのが、多少異色かも。
 ただ魔法物が溢れている現在、それだけでは弱い気が…(単に自分の琴線に触れなかっただけかもしれないが)。
 また主人公をめぐって、幼なじみと英国人が恋の火花を散らすものの、当人は気付かずというお約束も(良きにしろ悪いにしろ)抑えてあるのが王道っぽい。
 そして、主役の声がどこかで聞いたことがあると思ったら、ルルちゃん(ルルーシュ)だった。当たり前だが、役者さんて、役柄でがらっと感じが変わるんだな、と改めて感じたりした。
 だが肝心の視聴は…微妙。撮り溜めてしまうようになったら、自然と切るかも。

 

蛇足:「魔法」という同系統の作品をふたつ観たわけだが、感触が全く違うのが面白いなと感じた。
 「マギカ」は、キャラより「世界観」が、自分にとっては受け入れにくいのかもしれない。だが逆に受け入れられた人には、かなり面白い作品になるのかも…
posted by セレネ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61170324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。